【日記】運転マナー

「名古屋走り」という言い回しがあります。

名古屋は二重駐車上等、黄色当然赤勝負…実際、私の目から見てもかなり危ない運転をする人が多いです。しかも、車間距離をとらない。関東の高速道路のつもりで走っていると、平気で二台くらい入ってきます。追い越しも、あおり運転のように前車の直後まで追いついてから追い越す。関東人には恐怖です。

しかし。今滞在している岐阜県(羽島市や、その南の海津市)はその上をゆきます。

今日スーパーへ徒歩で買い物に行ったのですが、歩道を歩いているにもかかわらず二度も水はね運転の水を頭から浴びました。一度目は対向の状態だったので逃走。買い物を済ませて帰る途中、背後から追い抜いていった自動車に二度目のウォータースプラッシュ。さすがに頭にきた私、すぐ先の赤信号で停車中だった犯人の車のナンバープレートを撮影して、すぐそばの交番へGo!パトロール中だったので、備え付けの内線電話で検挙の要請をしました。

すると程なく、一人の女性が交番へやってきました。私がナンバープレートを撮影しているのに気づいたドライバーだったのです。

「私、何かしちゃいましたか?」というので、「水はね運転ですけど…」と言ったら驚いた様子。悪気はなかったようなので、すっかり毒気が抜けました。内線で要請を取り下げ、女史には「水はね運転は減点対象なので、気をつけてね。今日はもういいから」と話したところ、クリーニング代を支払いたいとのこと。辞退はしたのですが、先方がそれではすまないとのことで、気持ち分で結構ですということ実費プラスアルファ程度で口頭示談となりました。

田畑の中の道が多い土地柄、速度規制も50km/hと高めな上人通りも少ないので、水はねには無頓着になるようで、そこここで自動車が盛大に雨水を跳ね上げていました。

歩行者が道を横断していても、平気で割り込んでくるし…怖いわー。

【農業】薬剤散布

岐阜に来て、二週間くらいになるかな。

生活にもぼちぼち慣れてきて、あとは夜型生活を朝型生活にしなければ。

農作業、やってみるといろいろ面白いです。思ったほど大変じゃないし。

今日は、苗を畑に植える「定植」をいう作業、消毒薬や液肥を与える作業を教えてもらいました。

農業だけじゃなくて、BtoCの通販サイトの構築(一人プロジェクト)や裁判所に提出する書類の作成、来春からの農業技術の研修などやること目白押し。

でも、新しいことを身につけるのは楽しいです。まあ、本職(師匠と呼んでいます)から見たらひよっこもいいところですが。

明日から明後日にかけて、台風が来るそうです。曲がらないように、頑張れ、苗!

【試験】登録販売者2018in首都圏ブロック

登録販売者試験、本日受験して参りました!

出題科目

第一章 医薬品に共通する特性と基本的な知識(20点満点)

第二章 人体の働きと医薬品(20点満点)

第三章 主な医薬品とその作用(40点満点)

第四章 薬事に関する法規と制度(20点満点)

第五章 医薬品の適正使用と安全対策(20点満点)

 

午前10時~12時 第一章、第二章、第四章

午後1時30分~3時30分 第三章、第五章

 

各科目の足切り点=満点の35%

合格点=70%

解答速報(外部リンク)

ウェブでの話を眺めていますと、今年は多くの受験者が苦手にしている(そして私も苦手な)漢方の問題が多く、手こずったというコメントが多いような気がします。

メンヘラな私、西洋薬はそれなりに頭に入るのですが、どうも漢方薬は頭に入りません。おそらく、普段なじみがないからでしょう。自分自身、夏バテ対策の「補中益気湯」と内臓脂肪対策の「防風通聖散」くらいしか知りませんでした。

この試験、暗記勝負。

そして、私は暗記が大の苦手。

 

そこで、西洋薬の問題でしっかり得点して、漢方薬はある程度「捨て問」にするつもりでいました。逆に、暗記が得意な人にはボーナス問題だったようですが、私と同じ戦術をとった人も少なからずいるようです。

 

午前の3科目はそれほど苦労せずクリア。なかなかの滑り出しです。

試験時間は2時間ですが、11時の退席許可時刻にはさっさと退席してしまいました。そこで、お昼ご飯をとりながら午後対策。「医薬品の適正使用と安全対策」は問題集でそれなりに解けていたので、40問と問題が多い「主な医薬品とその作用」を、ユーキャン通信講座の「重要ポイントアンドチェック」でおさらいしました。作戦通り西洋薬を中心に、生薬と漢方はさらりと。

 

午後1時10分の集合時刻になり、試験説明の後、答案用紙と問題冊子の配布。

試験開始の号令とともに表紙を開くと、1ページ目から漢方の問題が…。まあそんなこともあるよねと、高をくくって次のページへ進むと毎ページ毎ページに生薬と漢方薬の名前が並んでいるではありませんか!マジか!

しかも、一つの問題の中に西洋薬と生薬・漢方薬が混在しているとか、

漢方薬を捨てた人には無理ゲー

な展開に…。午後試験開始10分で、すでに精神的ダメージは甚大です。

それでも、5つある選択肢のうち何とか2つまでは絞れたので「天の神様の知るとおり、なのなのな♪」と心の中で口ずさみながら気分で適当にマークします。何しろユーキャンの受講料は49,000円、受験料は14,200円。目下絶賛無職中の私には、来年などと悠長なことはいっていられません。

しかし、脳裏をよぎるのはかつて文字通り1点足りずに不合格になった第2級アマチュア無線技士試験と行政書士試験の記憶。アマチュア無線は年3回受験できますが、登録販売者と行政書士は年に一度しか受験の機会がありません。

もっとも、登録販売者の場合は地区ごとに試験日が違うので、首都圏ブロックと中部や北関東を掛け持ち受験して保険をかける受験生もいるようです。先日、私が契約している配置薬の富士薬品さんがお見えになった際、「今年の新卒採用組が、関東から富山まで遠征して受験している」というお話を伺いました。

その点、私は自己研鑽のための受験ですから気楽といえば気楽ですが…真剣さは変わらないつもりです。

しかし、最後の科目「医薬品の適正使用と安全対策」もダメージを引きずったまま取り組むことになりました。何という豆腐メンタル。わりあい失点を取り戻すことはできましたが、退出許可時刻になったら即退出。とぼとぼたまプラーザ駅(神奈川県の試験場は國學院大學たまプラーザキャンパス)へ歩みを進めます。

電車の中で、どこか解答速報が流れていないか検索してみたところ、「まるごと!登録販売者」というウェブサイトで早くも午前科目の解答速報が流れているではありませんか!早速採点してみると…午前3科目60点満点中、得点49点。正答率81.67%。最後の科目はそれほど落としていないはずなので、もしかしたら何とかなるかも!

とはいうものの、気分はすっかり来年モードです。

試験終了から2時間ほどで解答速報が流れているので、午後の科目も家に帰る頃には速報が流れているでしょう。一年かけて、ゆっくり漢方薬を覚えるか…ああ、その前に11月の行政書士試験があるなぁ。まずはそっちが先かとぼんやり考えつつバス停から団地の自室へ向かいます。

帰宅してから解答速報のページをブラウズすると、もう午後問題の解答がリリースされていました。自分の傷口に塩と練り辛子を特盛りでなすり付けるような気持ちで、答え合わせをします。大失敗の第三章は後回し。第五章は、20点満点で17点。まあ、来年に向けて課題は見えましたね…と自分をつつ第三章の答え合わせに入ります。

1ページ目、いきなり2問連続で不正解。そんなもんだよね。

次の見開きのページは4問。正解が3問続き、不正解が1問。おや、なんかいい感じじゃね?と色気が出てきた瞬間です。そして、40問の答え合わせをして得点を集計すると、20点。すべての科目で、正答率35%の足切り点はクリアしました。総合で70%正解、つまり84点得点しないと合格にはなりません。

 

8割諦めモードに入っているので、ちょいと色気はありつつ得点を合計してみると…86点!合格してんじゃん!なにこの奇跡の大逆転的な展開。代打サヨナラ逆転満塁ランニングホームランて感じ?

 

それにしても、それほどうれしさがこみ上げないのは

① 解答速報は非公式なので、間違いがあるかもしれない

② OMRの記入ミスがあるかもしれない

③ メンヘラだから、喜怒哀楽がない

だからでしょう。今夜からは、11月11日の行政書士試験対策。あ、大学の履修も進めなきゃ…。やることがないと人間腐ります。今夜くらい祝杯を挙げたいところですが、お酒がないやw